介護事業のためにファクタリングの利用をする

これから介護事業を始めるあるいはすでに始めているが更に事業拡大をしたいというとき、必要なものは資金です。

その介護事業に関する資金調達では、ファクタリングの利用がよくなされています。

介護保険制度では、利用者負担も1割ないしは2割といった具合にありますが、その残りの部分を保険で賄っています。
ただし、利用したときに即日収入になるものではなく、後日請求を行うことで審査の後に受給出来るような仕組みになっています。


すなわち、受けとることが出来る権利という状態です。
この介護報酬を受けとる権利を担保にして、ファクタリングによる資金調達が行われます。



新規事業あるいはこれから事業拡大を行う際における資金を集めなければならないときに、巨額の現金を用意するのは一般的には困難です。


したがって、介護保険でいずれは収入になるものを返済の予定にすることで、借り受けて事業を興すような仕組みになっています。

ファクタリングについての情報をまとめたサイトです。

ファクタリングでは、貸す側と借りる側の双方にとってメリットがなければ、通常は成立しません。

貸す側にとっては利用者がいて事業そのものが続く見込みが立ちやすいこと、また借りる側にとっても巨額の資金を迅速に調達したいことといった双方のメリットが見込めることから、契約が成立しやすいというわけです。

朝日新聞デジタルについて興味がある方にオススメのサイトです。

貸し手にも借り手にもメリットがあるわけですから、双方納得の上での契約と成っていきます。

返済の当てがあるというのは非常におおきな強みです。

対策方法

開業医にとって診療報酬が一定以上の照準に見たっていることが大事な条件となります。過去に負債を抱えて苦労した方は、ファクタリングの制度を上手に活用して診療報酬債権の権利を得ることが適切です。...

more

基礎知識

医療サービスがやり取りされる中で大きな役割を果たしているのが健康保険です。健康保険は国民皆保険ですから、特別な事情がない限りは原則、皆が加入している保険です。...

more

難しくない科学

医療におけるファクタリングとは、医療機関が行う資金の調達手段の一つです。ファクタリングには多くのメリットがあることから、利用する医療機関が増えています。...

more

初心者向き科学

医療報酬債権ファクタリングとは、ファクタリング事業者が医療機関が国民保険や社会保険から受け取る診療報酬債権を手数料を徴収して買い取り、その医療機関に代わって代金を回収することを言います。通常、医療機関が報酬を受け取ることができるのは2カ月くらい先のことになりますが、この方法であれば社会保険や国民保険へのレセプト提出期限から最短5日程度で通常は報酬の80%程度から手数料を引いた額を受け取ることができます。...

more
top